意外と低カロリーなもつ鍋

by:

業務用食品/飲食

コラーゲンなども豊富なため美肌効果もあると言われているもつ鍋ですが、ダイエットなどのことを考えると食べて良いものかどうか迷ってしまうという人も多いでしょう。もつは牛の小腸などで脂も多く付いている印象もあり、高カロリーな鍋に思われがちですが実は意外と低カロリーな鍋になっているのです。もつ鍋の基本的な材料は、牛(豚・鶏)もつ・キャベツ・もやし・ニラ18gに調味料などになりますが、この中で高カロリーなイメージを持たれがちなのは野菜以外のもつだけです。しかし、牛ホルモンは100gで287kcalとそれほど高いわけではなく、すき焼きなどと比べると1食のカロリーは非常に少ないです。

かと言って、低カロリーなだけがもつ鍋の魅力ではなく、栄養の面でも非常に優れた鍋になっています。もつに関してですが、牛の場合はビタミンや鉄分が豊富になっているので女性には嬉しい成分になっていますし、豚の場合は脂質の代謝に重要なビタミンB1なども豊富に含まれています。さらに一緒に食べることになる野菜類は、キャベツにはビタミンB群を中心に各種ビタミン・ミネラルが含まれていますし、食物繊維も豊富です。ニラにはビタミンB1の吸収を促進する成分硫化アリルやビタミンAなどが含まれています。

もつには脂質が確かに多いのは事実ですが、それらを代謝するのに効果的な栄養素がバッチリ含まれていますし、色々な栄養を一度に摂れるということです。もつ鍋は意外と低カロリーで健康食としても魅力な鍋になっています。業務用の肉の通販のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です