もつ鍋をミネストローネにリメイク

by:

九州焼肉セット食品/飲食

もつ鍋は食物繊維やコラーゲンもたっぷりと取れるので冬には人気が高い鍋料理のひとつです。ときどきもつ鍋が残ってしまうことがあり、癖があるためリメイクしにくいとそのまま捨ててしまう人も多いですが、簡単リメイクで残りを美味しく食べ切る方法があります。材料はもつ鍋の残り、牛乳100cc、ホワイトシチュウの固形ルウ、早茹でマカロニ100g、塩コショウ少々、キャベツ1/4玉、にんじん1/2本、玉ねぎ1/2個、ウインナー4本で2人分くらいが出来上がります。まずキャベツはざく切り、にんじん玉ねぎも食べやすい大きさに切っておきましょう。

鍋の残りに水を足して薄めてから、中火にかけます。沸騰してきたらキャベツ、にんじん玉ねぎを入れてしばらく煮て、ウインナーとマカロニを入れます。かき混ぜながらその中にシチューのルウを溶かしいれます。1/4箱分ほど溶かしてみて、濃度を確かめながら牛乳を入れて伸ばしていきます。

そのままでも良いですし、濃い目にしたい場合にはルウをさらに追加でいて溶かしても良いです。マカロニが程よく柔らかくなって来たら塩コショウで味を調えればミネストローネの完成です。お皿に盛ってあればパセリなどを上に振りかけると見た目もきれいに出来上がります。もつがまだ多く残っている場合にはウインナーを少なくしても良いですし、子供用にしたいと言うときには牛乳を少し増やしたり、冷凍コーンやミックスベジタブルなどを使ってもおいしくできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です