素材の性質を考えて作る薬膳もつ鍋

by:

ギフト食品/飲食鹿児島牛肉

薬膳もつ鍋を作る場合においては、単純にスパイスを使うだけは意味がなく、結果的はカレーと同じような料理になってしまいます。薬膳として適切な料理にするためには、実際に使う食材の五性と五味を明確に分類して、季節や体調に合わせる形で調整する必要があります。夏場の時期で食欲がなく、胃腸の調子も良くない場合には、五味のうちの甘味を中心にした食材を使います。もつ鍋の基礎となるスープには、性質が温性にして甘味になる味噌を加えて、アミノ酸の旨味が複雑に広がるようにします。

一方で、芳香性の健胃作用がある生姜とウコンも加えるようにすれば、食欲はさらに増進することになります。発汗によって新陳代謝を高めて、夏の暑さに対抗したいときには、カプサイシンを豊富に含む唐辛子を入れることがおすすめです。四川料理のような辛味を付けたい場合には、山椒と唐辛子を油で炒めてからスープを作ることもできます。冬の寒い時期には、冷えきった体を温めるためのもつ鍋を作り、薬膳的な要素も加えることがおすすめです。

漢方でも有名な高麗人参を加えれば、体を温める力も強くなります。高麗人参に加えて、甘味が特徴な枸杞子も加えると、滋養成分の宝庫になります。薬膳のもつ鍋ですから、枸杞子が入っていれば非常に本格的な見た目になり、中華料理の雰囲気も演出できます。体を温めるためのもつ鍋として、さらに品質を高めるためには、生の状態の生姜を使うよりも、蒸して乾燥させた乾姜を使うことも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です