健康や美容に嬉しいもつ鍋

by:

ギフト食品/飲食鹿児島牛

もつ鍋はホルモン鍋とも呼ばれる鍋料理で、豚や牛のもつを具材として使用しています。豚よりも牛のもつが使用されることが多く、スープの味は味噌もしくは醤油ベースが基本となります。もとは福岡県の郷土料理ですが、東京で流行したことをきっかけに、今では全国各地で一定の知名度を持ちながら、食べられています。もつは高タンパクでありながら低カロリーで、アミノ酸やコラーゲンを多く含みます。

摂取されたコラーゲンは体内で一度アミノ酸へと分解された後、ビタミンCの力で再度コラーゲンへと変化します。もつ鍋の具材として一緒に使用されるのはキャベツやニラ、もやしやにんにくですが、これらの食材はビタミンCを多く含んでいるため、コラーゲンを含むもつとの食べ合わせは非常に良いです。このように、もつ鍋は美容と健康に役立つ成分を摂取できる料理として女性にも人気があります。また、もつ鍋は自宅でも作ることができます。

ボイルされたもつを使用するよりも生のホルモンを使用して作った方が、もつ本来の食感や味わいを楽しむことができます。とは言え、生のホルモンを使用する際は必ず下ごしらえが必要となります。そのまま鍋の具材として使用してしまうと、あまりにも匂いが強く気になってしまうからです。火を通す前に、もつを水でしっかり洗い、汚れやぬめりを落とすようにしましょう。

水で洗う前に牛乳もしくはお酒につけておくことで、更に臭みを消すことができます。下処理を丁寧に行うことで、自宅でも美味しいもつ鍋を楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です