鉄板焼きでチャーハンや焼き飯を作る

by:

九州食品/飲食

鉄板焼きの技法を使うことで、ご飯を炒めた場合には熱が均等に伝わり、パラパラの状態に仕上がるのが特徴です。鉄の特性によるものですが、熱伝導が非常に良く、油と絶妙に馴染むために、よく手入れしていれば焦げる心配もありません。様々な材料を使い分ければ、チャーハンの味にも広がりが生まれ、誰が食べても納得できる品質になります。香り高い鉄板焼きにするためには、最初の段階では生姜と青ネギを炒めて、香り成分を十分に引き出すことが大事です。

卵を入れてからは、絶妙なタイミングでご飯を入れて、非常に素早く混ぜていきます。この作業は特に重要で、表面が十分に熱していない場合には、卵が均等にまとまらなくなります。次にはチャーシューのみじん切りを入れて、好みの味付けをすれば出来上がりです。鉄板焼きで和風の焼き飯を作ることも、伝統的に行われてきたことですが、フライパンを使う場合とは違った良さもあります。

和風にするためには、醤油の香ばしい風味を効かせて、薬味として七味唐辛子を加える方法がおすすめです。油を熱してからは、青ネギとニンニクのみじん切りを入れて、ご飯も加えて強力な火力で炒めていきます。卵を加える場合には、チャーハンと同様の動作によってかき混ぜて、味がよく馴染むようにします。鉄板焼きで焼き飯を作っておけば、冷めても美味しいですから、お弁当に入れることもできます。

もしくは、おにぎりにして仕上げることもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です