魚介類の美味しさが凝縮するイカの鉄板焼き

by:

焼肉セット通販食品/飲食

イカを使った鉄板焼きは、魚介類らしい風味に加えて、タンパクな味わいと歯ごたえを楽しめる料理としても貴重です。定番の和風の味付けがあれば、ハーブを効かせた西洋風の作り方もあるのですから、実際に作れば楽しみは大幅に広がります。鮮度が良いものを選ぶことが理想ですが、家庭では冷凍のイカを解凍して使えば、リーズナブルな料理として楽しめます。ご飯との相性も素晴らしいために、パプリカやサフランで風味を良くして、ピラフを作ることもできます。

イカの鉄板焼きをシンプルな形で作るためには、最初には内臓を取り除いて、食べやすいように切れ込みを入れておきます。焼く場合には焦がさないように注意しながら、歯ごたえを残すようにします。あまりにも長く焼いてしまうようでは、水分が余計に抜けてしまって、身が硬くなってしまうことがあります。醤油だけで焼き上げる場合には、風味付けとして日本酒を一緒に加えておけば、旨味がさらに増えて生臭みも消えてしまいます。

タンパクな味わいのイカの鉄板焼きは、バターを使うことによってコクが大幅に増して、高級感がある料理に変化します。バターを焦がさないようにする必要がありますが、一度でも食べれば幸せな気分になるだけの美味しさがあります。発酵させたバターを使えば、イカの鉄板焼きの風味は複雑になります。発酵バターがない場合には、最後に醤油を少しだけ加えるようにすれば、同じように香ばしい焼き上がりになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です