鉄板焼きのおいしく仕上げるコツ

by:

九州焼肉セット食品/飲食

鉄板焼きのおいしく仕上げるコツ:蒸し蓋と料理酒を上手に使い、食材を短時間に香ばしくふっくらと仕上げます。以下に方法を示します。鉄板は軽く煙の出るくらいに十分に温めます。鉄板焼きの鉄板は厚さの充分にあるものが望ましいです。

最低でも10ミリ(1センチ)は欲しいもものです。家庭内ではホットプレートが現実的なので、その場合は温度を最大(200度以上)にして全体に熱が伝わっている状態にします。次に薄く油を引きます。油引きでまんべんなく油をなじませたら、食材を火元の上におきますが、温度管理が重要なので、その方法を焼きそばを作る方法を例に説明します。

一番温度が高いのは鉄板の下のコンロのちょうど真上に当たるところで、次に手前や奥、コンロの左右など火元からずらす方法で、大まかに温度管理していきます。火元が2台あるような台では、別々に火元調節して温度管理します。焼きそばの具材は、焼きそば麵、もやし、キャベツ等の野菜類、豚肉(三枚肉や小間切れ)肉類の3種類が代表的ですが、それぞれ調理に最適な温度があります。普通の鉄板焼きの台では温度調整が区分けししにくいので、その際に蒸し蓋と料理酒を使います。

まず麺は鉄板の横の方で軽く手でほぐしながら広げ、料理酒を軽くまぶし蓋をして蒸し焼き状態にします。次に温度の高い鉄板の中央で豚肉を炒めます。ここで十分に炒りつけながら余分な豚肉の脂を落としていきます。火元を中火の強ぐらいに調整し、次に野菜類を混ぜ合わせ塩コショウをして、油がなじんできたら、ちょうど蒸し上がった麺を混ぜ合わせます。

次に火元を強火に調整し一気に仕上げにかかります。ジュージューと音が出始めたら、ソース(ウスターや中濃)をふりかけ、空気を混ぜあわせます。蒸し蓋と料理酒で温度を調整すると、麺が焦げすぎたりしませんのでふっくらとしてなおかつ鉄板の高温でジューシーな鉄板焼きそばが出来上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です