生鮮食品は目録ギフトで贈るのがお勧め

by:

ギフト食品/飲食

現在では、インターネットを活用することでお肉や魚介類、フルーツなどの生鮮食品を産地直送で大切な人への贈り物として発送することができるようになりました。普段自分では購入できないような高級な生鮮食品を食べることができることから相手に喜ばれやすいギフトですが、生鮮食品は傷みやすくて長期保存ができないという弱点があります。このため、生鮮食品は相手の都合を考えて発送しないと腐らせてしまいやすいので、かえって迷惑になってしまう場合もあります。こうしたことにならないようにするには、生鮮食品の目録ギフトを利用するのが有効です。

目録ギフトとは、生鮮食品のように直接発送しにくい商品の目録(引換券)を包装して発送するサービスで、お肉やフルーツ、魚介類を全国発送するネットショップの多くで提供しています。発送される目録は商品写真や説明文が記載された申し込み用紙となっており、これにお届け先住所や配達希望日時などを記入してポストに投函することで、目録を発行したショップから商品を発送してもらえる仕組みになっています。目録には一定の引き換え期限が設けられていますが、受け取る側は自分の都合のよいタイミングでいつでも商品を引換えられるので、突然生鮮食品が送られてきて困惑されるという事態を防ぐことができるというわけです。このように、生鮮食品を発送するときには目録ギフトを利用することで相手の都合に配慮した贈り物をすることができます。

なお、現在では複数の商品から好みの商品を受け取った側が選べるタイプの目録ギフトもあるので、相手の好みを十分に把握できていないときには、こうしたタイプの商品を送るのもお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です